喪中はがきのマナー

 
 
送る時期
喪中はがきは一般的に年賀状の準備を始める前の11月中旬?下旬に投函するのが望ましいです。
あまり早すぎても、相手に長い間気遣いさせてしまいます。年末に亡くなった場合や出し忘れた場合には寒中見舞いを使って欠礼をお詫びします。
送る相手
自分が普段年賀状をやりとりしている人はもちろん、葬儀に参列いただいた方、故人が年賀状をやりとりしていた方、その他おしらせしたほうが良いと思われる方などにお送りします。親兄弟などには送る必要はありませんが、遠い親戚などには出しても良いでしょう。個人的には喪中でも、ビジネス上だけのお付き合いなら、会社の年賀状を出すのがスマートです。
喪中に年賀状を受け取ったら(寒中見舞い)
こちらが服喪中ということを知らない相手から年賀状をもらった場合、すぐには返事を出さず、松の内(正月飾りのある1月7日 まで)が過ぎてから寒中見舞いをお送りしましょう。「お知らせせずにすみません」と一言添えると良いでしょう。
私製はがきと通常はがきの使い分け
弔事用の切手を使用すれば、どちらの方が良いということは得にありません。
ただ、私製はがきの方が厚みのある紙でしっかりしており、切手を貼るという一手間をかけてお送りするという意味でも、より礼儀を重んじる場合には良いかもしれません。ただし手元にあったからといって、記念切手などを使用するのは避けましょう。また、恩師や大切な相手には、文面・宛名住所を手書きにすると、より丁寧な挨拶状になると言えるでしょう。
喪中とは
近親者が亡くなったとき、その死を追悼し、魂を鎮(しず)めるため、生活を慎み、派手なことや慶事ことを避ける「喪に服する」という風習は、世界各国にあります。
その「喪に服する」=「服喪」の期間を「喪中」というわけです。
喪中欠礼はがきは、毎年年賀状を送っている相手に対して出します。
相手が年賀状の準備をする前に出すものですから、12月の上旬までには届くことが望ましいと思いますが、12月に入って不幸があったような場合には例外です。
喪中とする範囲
現代では2親等まで(右図参照)、同居しているのであれば3親等までを喪中とする方が多いようです。また、結婚して家を出るまで同居していた場合などは、喪中とする方もいらっしゃいます。ただ、最近は核家族が増えていることもあり、離れて暮らしている場合はそこまでこだわらないのが現状のようです。
喪中はがきを送る意味
喪中はがきは、あくまで「年賀欠場を詫びる挨拶状」です。「喪中であることや年賀状が不要であることや年賀状が不要であることを相手に伝えるもの」ではありませんので文面や送り方にも気をつけましょう。また、メールや電話でのお知らせは、相手も戸惑ってしまうかもしれませんので、避けた方が良いでしょう。
享年の年齢
生まれた年を「1歳」と数える「数え年」になります。
本人(差出人)から見た関係続柄の表記例備 考
0親等妻、家内 
夫、主人 
1親等父、母父、母、実父、実母、義父、義母、養父、養母等 
子供長男、次男、三男、長女、三女、息子、娘等 
配偶者の父母父、母、義父、義母、岳父、丈母「岳父」妻の実の父、
「丈母」妻の実の母の事
2親等兄弟、姉妹兄、姉、弟、妹、長兄、次兄、次弟、末弟、長姉、次姉、次妹、末妹 
孫、孫息子、孫娘 
父母の親(祖父母)(父方の、母方の)祖父、祖母 
配偶者の兄弟、姉妹兄、姉、弟、妹、義兄、義姉、義弟、義妹 
配偶者の兄弟、
姉妹の配偶者
兄、姉、弟、妹、義兄、義姉、義弟、義妹 
配偶者の父母の親
(祖父母)
(夫の、妻の)祖父、祖母 
3親等父母の兄弟、姉妹(父方の、母方の)伯父、叔父、伯母、叔母父母の兄姉の場合は「伯」
弟妹の場合は「叔」となる
父母の兄弟、姉妹の配偶者(父方の、母方の)伯父、叔父、伯母、叔母、義伯父、義叔父、義伯母、義叔母父母の兄姉の配偶者が、父母よりも年下であっても「伯」
弟妹の配偶者の場合「叔」となる
兄弟、姉妹の配偶者兄、姉、弟、妹、義姉、義兄、義妹、義弟 
兄弟、姉妹の子供甥、姪 
祖父母の父母曾祖父、曾祖母