年賀状のマナー

 
 
年賀状とは
旧年中のお礼と、新年からの新たな付き合いをお願いする旨を伝える挨拶状のことです。
誰に出すの?
年賀状は、もともと年賀の挨拶に行けない遠くの人に送る挨拶状でしたが、今では、身近な友だちから常日頃お世話になっている方、ご無沙汰している方まで、どんな間柄の人にも贈れる「挨拶状」です。
いつまでに出すの?
一般に松の内といわれる元旦から7日までの間に届けるものです(地域によっては15日まで)。
7日を過ぎてしまったら、2月4日ごろ(立春)までに「寒中見舞い」を出すといいでしょう。
年賀状の受付が開始される12月15日から12月25日までに出せば元旦に届くようです。
賀詞の種類と選び方
「寿」「福」や「賀正」「迎春」などはよく使われますが、本来は目上から目下に向けて使うものです。
「あけましておめでとうございます」は、どんな人にも使えます。

・寿、福、賀、春、禧 など・・・・・・・・・・・・目下の人向け
・賀正、迎春、新春 寿春、頌春など・・・目下の人向け
・謹賀新年、恭賀新春、敬頌新禧など・・目上の人向け
喪中とは
近親者が亡くなったとき、その死を追悼し、魂を鎮(しず)めるため、生活を慎み、派手なことや慶事ことを避ける「喪に服する」という風習は、世界各国にあります。
その「喪に服する」=「服喪」の期間を「喪中」というわけです。
喪中欠礼はがきは、毎年年賀状を送っている相手に対して出します。
相手が年賀状の準備をする前に出すものですから、12月の上旬までには届くことが望ましいと思いますが、12月に入って不幸があったような場合には例外です。
喪中に年賀状をいただいた場合は?
喪中欠礼の知らせを忘れたり、連絡が行き届かなかったために年賀状をもらった場合でも、事務的、ビジネスとしてのやり取りだけでない場合は、寒中見舞いとして出します。
うっかり出し忘れた年賀状も同じです。